FC2ブログ
常連様も、一見様も ヽ(*´∀`)ノ【゚・*:.。. ☆WELCOME☆.。.:*・゜】
お待たせいたしました
2013-09-01 Sun 21:35
まぁ・・あれから結構な日にちが経過して・・・・

見にきてくださってる方、すみません(^^;;

ここは一棟貸しのおうちでして、オーナーご夫妻は道を挟んだお向かいの家に住んでおられるのです

CIMG3451.jpg

このお宿、詳細はこちら→室戸の宿 角屋さん

なんというか、ジジババの家に帰ったような 不思議な安堵感を感じられるお宿でした

夕食を終えて戻った私たちを、オーナー夫妻が出迎えてくださり そこから布団敷きのイベント(笑)

写真に撮ってきてないのが心残りなのですが、お殿様の布団じゃございませんかと見まごうばかりの厚さ・・

お座敷に三組、敷いていただきまして その間お手伝いしながら私はじっと彼らの言葉のはしはしに 心地よい四国言葉を感じておりました


さて・・お風呂もすんだし 酒盛りも終わり、明日も予定がてんこ盛りだから休もうか・・ということになりました

私は寝付くときに、必ず右向きになるのがお約束で そちらに人がいるのがだいの苦手・・・
仕方ない・・・と、他の2人が縁側のほうのお布団を譲ってくれました(笑)

寝るよ~~~って電気を消して、枕もとの灯篭をつけて・・・
すかさず(__)。。ooOZZZZ・・・


私が速攻で寝付くことを知ってる二人なのですが、そこでひと悶着あったようなのです

一番右側、つまり ふすま側で寝ることになっていた方が、「どうしても、このお布団では寝られん」と言い出し、真ん中の方の布団ににじり寄ってきたらしく・・・

仕方ないので真ん中の方は、私の布団ににじり寄り なんとも窮屈なお休みタイムになったらしいのですよ


夜中、やっぱし何度か目を覚ましましたが おかしな事はまったくなく、気分も悪くなく またすぐに寝付きました



実は、お二人が布団に入ったところを写真に撮ったのですが そこに写っていたものが今回の旅の不思議です

これが、その写真

yJX4zAZ06VBMm_T1378038261_1378038352.png


この日は日付どおり、8月15日
ご先祖様が帰られる日で、あれこれ考えたのですが このオーブはご先祖様が帰る前に様子を見に来てくださったのでは・・・と、私は思ってます

現に、この宿へ着いた時に 近所の家の方々が、自分の家の玄関先で「送り火」を炊いてらっしゃいました

建物自体、昭和初期の木造の家屋で 連れは「座敷童さんではなかろうか」と言っていましたが(笑)


確かに 座敷童さんがお出ましになっても まったく違和感なしの立派なお座敷だったので、もしかするとそうなのかも・・・・(ー_ー;)ウーン、、、


この襖のすぐ前で、布団にすっぽりかぶっている方は なんとなく霊感がある方で、「この布団に寝られない」と感じ 真ん中の方の布団に移動したのも、やっぱり そのせいなのかもしれません

よって、この一番右端の布団には 朝まで誰も寝ませんでした

わたしゃ窮屈だったよ~~~~(´ー`A;)アセアセ・・・



そんなこんなで夜は明け、翌朝は6時半に起床~~~~!!

ラジオ体操は・・・しませんでしたヾ(´▽`;)ゝウヘヘ



いつも見に来てくれて ありがとう=*^-^*=

にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



別窓 | 旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<素敵な贈り物 | おかえり~~~な場所 | すみません、めちゃプライベートです>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| おかえり~~~な場所 |