FC2ブログ
常連様も、一見様も ヽ(*´∀`)ノ【゚・*:.。. ☆WELCOME☆.。.:*・゜】
映画 見てきました
2013-02-25 Mon 22:31
先日、ご紹介していた「遺体 明日への十日間」です

20130225185635.jpg


見終わった直後の感想は・・・・

厳しい言い方かもしれませんが、綺麗過ぎる・・・

もっと 壮絶なものかと思ってました
ただ、余震の音が館内いっぱいに響き渡ると、あの震災を体験しなかった私でさえ 身震いしました

また、津波に飲まれた方々の安置所という設定なので、運ばれてくるときに ポタポタ水が滴る音がリアルで、あぁ冷たかったねと思うと涙が止まりませんでした


「綺麗過ぎる」と最初に書きましたが、それは役者さんたちの衣類のほかに ストーリー的に「綺麗過ぎる」ということなんです

あくまで個人の感想なので、他のご意見がある方 申し訳ないm(__)m


You Tubeをずっと見てきた私には、あの震災の壮絶さが いまいち薄まって表現されていたように感じました
いまだに、あのときのニュースや映像をみると 過呼吸やパニックを起こす方もいらっしゃるらしいので、実際に体験された方には 見るに耐えない場面もあるのかもしれません


ただ、亡くなった人を 人として扱いたいという主人公の思いは伝わってきました


なんていうかな・・・


私が本当に見たかったものは・・

あの時、あの現場で、「もしかしたら、誰か 生きているかもしれない」という一縷の望みを抱え それを原動力に頑張ってこられたレスキューや、消防団の方の活動を もっと見たかったなというのが正直な感想なのです

厳しいことばかり書いてますが、この作品に失望したということではありません

やはり、自分の国で起きたことの詳細を知りたくて この映画を見に行くことができてよかったと思います


数十年が過ぎて、この震災が 完全に「記憶」に変わる頃、「あの震災があったから 日本はこんな風に変わったんだ」「こんな素晴らしい変化を成し遂げられた」と私たちが思えるよう、この国が さらなる高みに登れるように祈りたい


「やるべしっ!!!」



最後になりましたが、あの震災で亡くなった多くの御霊のご冥福をお祈りいたします 

合掌


スポンサーサイト



別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<連呼 はいっ! | おかえり~~~な場所 | 笑い疲れた>>
この記事のコメント
一人でも多くの人に見て貰いたい映画
>あの時、あの現場で、「もしかしたら、誰か 生きているかもしれない」という一縷の望みを抱え それを原動力に頑張ってこられたレスキューや、消防団の方の活動を もっと見たかった

同感です。私も、この映画を涙なくしては見れませんでした。しかし、やはり、物足りなさを感じました。

今、それが何だったのかという事を実感しました。

ありがとうございました。
2013-02-26 Tue 13:43 | URL | クレーマー&クレーマー #2kbNzpR6[ 内容変更]
クレーマー&クレーマー さん、いらっしゃい(*^.^*)
コメント、ありがとうございました

ほんまに、あれを実体験された方々は 深い傷を背負われてるんだなぁと、いまさらながら思います
それと同時に、遅々としてすすまない かの地の状況に、怒りを通り越して 焦りすら覚えますよ

この映画、私の一番見たかった場面は表現されてなかったのですが、やはり見にいけてよかったと思います

もうすぐ、あの日付がやってきますね
私を含めて、生かされた者への重責を感じます
2013-02-26 Tue 21:31 | URL | ゆう #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| おかえり~~~な場所 |