FC2ブログ
常連様も、一見様も ヽ(*´∀`)ノ【゚・*:.。. ☆WELCOME☆.。.:*・゜】
石鎚?
2012-04-22 Sun 20:48
2の鎖場を過ぎて、頭の中でずっと考えてました

昔の方は、あんな鎖なんてなかった道を登ってらっしゃったんだよね・・・
すごい・・・・すごい・・・・・



そんなこんなで、足は勝手に動き(笑) 最終の鎖場 3の鎖へ到着

鎖のある場所へは、登山道の脇にある道をちょっと中に入らなくてはなりません

表の小屋の神職の方に 「3の鎖を登りたいんですが、どこへいけばいいですか?」と尋ねると、またまた「え? お一人ですか?」の言葉・・・・

「はい・・・すみません(^▽^;)」(また・・・謝ってる・・・)

「この小屋の裏手に、詰めている者がいますから その人に証明書を見せてくださいね」


そうだった! あの紙がいるんだった・・・
急いでポケットをさぐり、紙を片手に裏手にある小屋へと行きました

「すみません、3の鎖を登りたいんですが・・・」

「はい、紙を見せて〜〜〜・・・・、ん? あなた一人?」

「はい・・・すみません(;^_^A 」(ほんまに、すみません・・)

「わかりました、気をつけてくださいね
これが、3の鎖です」


目の前の垂直な岩肌に、鎖がタラ〜〜〜〜ンとぶら下がってるんです・・・

私 : 「?」 (これ? 登るの?の意)

神職さん : 「!」 (はい、そうです 頑張って(^^)・・・多分、そういう意味の笑顔(笑))

(たしかこれ、コナン・ドイルだったかな・・・
出版社とのやり取りに使われた表現だったよな(笑))


はぁ・・・行ってきます・・・・・(心ん中のつぶやき・・・・)

写真 ?は、神職さんがいらっしゃる小屋の屋根が写っていますよね
この写真では、あの傾斜が表現できなかったのが残念ですアチャ・・・(ノ_

そして、とうとう頂上!ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!(写真 ?)

すぐにお社へいって、三体の御神像をお参りに行きました

御祭神は、石鎚毘古命御一神ですが、大祭期間中 
頂上の社には三つの御神徳(神様のお蔭)を表すため、三体の御神像をお祀りしてあります

ご紹介しておきましょうね

*玉持(たまもち)の御神像

(和魂・にぎみたま)仁の御神徳を表します。家内安全、病気平癒を守護されます。

*鏡持(かがみもち)の御神像

(奇魂・くしみたま)智の御神徳を表します。農業、工業、商業、漁業の繁栄、学業の成就を守護されます。

*剣持(つるぎもち)の御神像

(荒魂・あらみたま)勇の御神徳を表します。勇気、忍耐をすすめ、悪事を除き、危機を守護されます。
(以上、某HPから引用)

この御神体に触らせていただく順番があって、上の記述はその順番通りに記載しています

なんか・・・・どきどきしてね・・・・
会いたかった恋人に(神様、失礼しました)、会えたような・・・そんな気分でした

御神体の写真を撮ることは禁じられていますので、一枚もとっていません

是非お会いしたい方は、石鎚山頂まで どうぞ(#^_^#)
ただし、10日に下山されます



2009年07月09日 20時54分
スポンサーサイト



別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<石鎚? | おかえり~~~な場所 | 石鎚?>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| おかえり~~~な場所 |